ネイチャーゲーム 第一段階 アクティビティNo.32 コウモリとガ

前回まで、4つのネイチャーゲームを紹介してきました。今日は、少し動きのある楽しいアクティビティーを紹介します。

アクティビティNo.32 コウモリとガ
( カワウソ ハンドブック p88)

自然界の「食う食われる」の関係を体験します。
コウモリの中には、人間と生活区域を共有しているものもあるにもかかわらず、
あまりその存在が意識されていないことが多いです。
この活動を通して、身近な野生哺乳類としてのコウモリについて関心を高めます。

用意するもの

バンダナ

手順

1.参加者全員で円をつくる。

2.コウモリとガについての話をする。

3.ルール説明

①コウモリは、目かくししてガを捕まえにいく。
目かくしをするときは耳を出す。

②何人かはガの役になり輪の中に入る。
ガの人たちは、この輪の中を自由に逃げることが出来る。

③コウモリが「バット!」と叫んだら、ガは必ず「モス!」と大きな声で応える。

④周りの人たちは、ガを逃げ出ないように壁の役になる。
もし、コウモリが飛び出しそうになったら小さな声で「カベ、カベ」と教えてあげる。

⑤コウモリにタッチされるか、壁の外に出てしまったガは、壁の輪に加わる。

4.軽く屈伸運動などしながら足首をほぐしてもらう。

5.最初にリーダーがコウモリになり参加者から何人かガになってもらう。
「バット!」「モス!」と超音波の練習を2~3回行う。

6.リーダーが、ガを捕まえたら実践を終え、次からは参加者同士で交代して、
全員がコウモリかガを体験できるようにする。

7.終わったら自然界の「食う食われるの関係について話し合う。」

このネイチャーゲームのねらい

・「食う食われる」の関係を、実際体験しながら学ぶ。
・自然界の仕組みを学ぶ。
・よく聴く力、集中力を高める。

安全対策

・ガを捕まえるときにはケガに注意する。

・地面に石やガラスなどの危険物が無いかどうか、あらかじめフィールドを確認する。

・約が変わったら、毎回簡単な屈伸運動と超音波の練習をしてから始めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です