ネイチャーゲームアクティビティ 動画で見てみよう。

 実際ににネイチャーゲームを体験したことの無い方には、ネイチャーゲームがうまくイメージできない方もいると思います。

そんな方にぜひ、こちらの動画を見てネイチャーゲームとはどんなものか知っていただきたいと思います。

シェアリングネイチャー協会、ネイチャーゲームの動画はこちらから

より多くの子どもたちが、たくさんの自然とのふれあいを体験し、自然への気づきを得られるようになることを願って、平成22年度子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興)の助成を受けて作成した「五感で楽しむ自然ふれあいプログラム」に掲載している動画です。

6つのネイチャーゲームアクティビティーを紹介します。

フィールドビンゴ

・様々な感覚をとぎすます

・観察力を高める

・自然からの発想を得る

自然は普段私たちが想像しているよりも、はるかに多彩で不思議なものです。様々な感覚を使って自然の中を歩き回れば、身近な自然の中でこそ、本当に大切なものを見つけることができます。

森の美術館

・自然の美しさをわかちあう

・観察力を養う

自然の中にいると、その中の景色や場所、動植物などが1枚の絵のように美しく輝いている場面に出会うことがあります。

そこに額縁を置くだけでそこはギャラリーとなります。みんなで鑑賞し自然の美しさをわかちあいましょう。

自然の紋

・観察力を養い、自然への親しみを持つ

・自然界の形に気づく

・先人の感性や美意識にふれる

日本には家紋とよばれる家ごとのマークがあり、植物や生きものなどの自然物を題材にしたものが多くあります。家紋にならって、自然の特徴をとらえた「自然の紋」をつくることにより、自然への観察力を養い自然への親しみを持つことをねらいとします。また、先人の感性や美意識、知恵のつまった家紋へ親しみを持つきっかけにもつながります。

動物質問室

・動物の特徴や生態を学ぶ

・仲間と協力しあう

地球上には様々な生きものがいます。そして、その生きものならではの特徴があります。いろいろな生きものの特徴を考えながら、ある生きものにたどり着くことによって、生きものの個性や多様性、大切さが見えてきます。

自然のだいすきだいじさがし

・自然物への感心を高める

・自然の多様性に気づく

・自然の中の“だいじ”に気づく

年齢の小さな子どもたちが、自然物を探し、身体のさまざまな感覚で親しむことで、自然を“だいすき”になり、また自然のものは全て“だいじ”なものであると気づく活動です。賑やかな雰囲気で楽しく遊びながら、子どもたちを自然大好きにします。

ジャンケン落ち葉集め

・葉っぱの特徴を知る

・木への関心を高める

・観察力を高める

葉っぱにはいろいろな形、色、大きさがあり、種類ごとに違っています。よく見ると同じ種類の木でも1つ1つみんな違います。誰でもできるジャンケンをし、1枚ずつ葉っぱを拾いながら、葉っぱの違いに気づく楽しい活動です。

以下の6つの画像をクリックすると動画がスタートします。

フィールドビンゴ

森の美術館

自然の紋

動物質問室

しぜんのだいすきだいじさがし

ジャンケン落ち葉集め

ネイチャーゲームをするときに必要な項目がホームページには書かれているので
①~⑥のネイチャーゲーム名をクリックしてみてください。

下記の項目別に書かれています。

・ねらい

・用意するもの

・実践上の留意点等

・参加者の声

・適正条件

・実践の手順

・展開・応用・発展例

・参考

これらを見ながらネイチャーゲームを楽しんでみてくださいね。

実際にネイチャーゲームの会に参加したいと思った方は、自分の住んでいるところのネイチャーゲームの地域の会のイベントに参加してみてください。

 わたしは、なごやネイチャーゲームの会で活動しています。

次回は7月22日(土曜日)10時~ 名城公園で開催します。

みなさんおまちしていまーす!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です