大切に育てたい、子どもたちの「伸びる力」

ネイチャーゲームは、1979年に米国のナチュラリスト、ジョセフ・コーネル氏により発表されました。みる、きく、触る、匂いをかぐなど私たちひとり一人が持っている感覚を使い、五感をひらいて自然を感じ、楽しむ自然体験プログラムです。

大切に育てたい、子どもたちの「伸びる力」

五感をつかって自然を体験。ネイチャーゲームは、子どもの豊かな心をはぐくみ、のびのびとせいちょうするための土台を作ります。

ネーチャーゲームを通して子どもたちは変わっていきます。

これから伸びていくための基礎をつくる幼少期。子どもたちの可能性を大きく広げるためにネイチャーゲームを通して伝えてあげよう、自然の不思議や大切さ。

すこやかに、そして強く生きる力を育てるために ネイチャーゲームには、3つの”できる”があります。

*五感で体験できる

ネイチャーゲームには、みる、きく、触る、匂いをかぐなどの感覚を使って、からだ全体で自然を感じるプログラムがいっぱい。今まで知らなかった自然界の面白さや不思議さを体感できます。

*主体的な学びができる

ネイチャーゲームでは、子どもが体験を通して楽しく主体的な学びができるよう手助けします。ひとり一人の心や身体の状態に合わせたプログラムの中で人から教わるのとは違った学びが深まります。

*シェアすることができる

ネイチャーゲームが大切にするのは自然や人との「わかちあい(シェアリング)」。正解や優劣にこだわらない中で子どもたちはお互いの意見や考えの違いを認め合うようになります。

3つの”できる”体験で子どもたちのさまざまな「伸びる力」が育まれていきます。

①身近な自然への好奇心が芽生える

ネイチャーゲームを繰り返し体験することで子どもたちは身近な自然に興味を持つようになり、さまざま生きものに接するたびに”いのち”への愛着が芽生え、やがて自然への感謝や畏敬の心につながっていきます。その効果は、多くの教育現場で高い評価を得ています。

②「なぜ?」と感じたことを自分で考える。

発明王として知られるエジソンも、子どもの頃、身近なものに対してたくさんの疑問を持ったそうです。ネイチャーゲームには”自分で考え、自分で行動する”力を伸ばす工夫がたくさん。子どもたちは知らず知らずのうちに、学ぶことの楽しさに気づいていきます。

③ありのままを受け入れ、自己表現する。

勝ち負けや優劣にこだわらない自由な雰囲気の中、好きなものや感じたことを”認めてもらう”経験をすることで、子どもはありのままの自分を好きになり、自信をもてるようになります。健全な社会性を身につけるための基礎作りにもつながります。

④人それぞれの考え方や行動を尊重する。

感覚や感じ方が人によってちがうことや、嫌われがちな虫にもそれぞれの役割があることを知ることで、人もまた”ひとり一人ちがってあたりまえ”と感じる=多様性を認めることができるようになり、自分以外の人の意見や行動を尊重する考え方がはぐくまれていきます。

こんなネイチャーゲームは全国各地でイベント開催されています。ぜひ参加して体験してください。ネイチャーゲームイベント情報はこちら

ネイチャーゲーム イベント情報

ネイチャーゲームのショップは暮らしの中の自然をより楽しめるグッツがいっぱいそろっています。ネイチャーゲームショップはこちら

ネイチャーゲーム ショップ

より深くネイチャーゲームを知るためのリーダー養成講座もあります。リーダー養成講座の情報はこちら

ネイチャーゲームリーダー養成講座情報

 

イベントや資格の情報、講師の依頼などなど

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会

にお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です