幼児教育にネイチャーゲームを活用する。

森に行かなくても、海に行かなくても、ネイチャーゲームなら

ダイナミックな自然体験が園庭でできる。

本物の自然体験は森や海に出かけて行かないと「できない」と思っていませんか。じつは、近くの公園や園庭でも深い自然体験をすることができます。

見て見て、先生!!

ネイチャーゲームは自然体験の少ない先生でも簡単にできるアクティビティーの宝庫。子どもたちと一緒に外に出て今日から自然の冒険なかま。

園庭は大自然! (行動する力/考える力/心動かす感動)

学童期に伸びる”考える・行動力”の基礎は、幼児期の感動体験の質と量が大きく影響します。

ネイチャーゲームで、毎日が感動体験の嵐。

少子化、都市化に加え、幼児期から、さまざまな習い事をする子も多く、最近の子どもたちには「三つの間(仲間・空間・時間)」がないといわれています。家庭での外遊びの時間はこの20年あまりで激減しました。スマートフォンやタブレットを使った気軽にできるゲームの普及は、そのことに拍車をかけています。外遊びを通じて自然に触れ合い五感を使うこと、集団遊びの中で人間関係の基礎をつくること、それらが今、幼稚園や保育園などに求められています。一方、幼児期の自然体験の必要性を理解していても、日々の活動の名かではなかなか十分な体験を提供できない と言う話も良く聞かれます。雄大な自然がなくても、園庭や住宅街の小さな公園などで、深い自然体験はできます。五感を使うことで、身近な場所が大自然に変わり、多様な命を感じる感動体験の宝庫になる。それが「ネイチャーゲーム」です。

「自然体験」「自然教育」を行うと、と、難しく考えなくても大丈夫。「ネイチャーゲーム」は先生が子どもと一緒に自然の中でたくさんの発見をして、ともに学べるようにつくられたプログラムです。

ネイチャーゲームの創始者ジョセフ・コーネルは「自然と接する最初の段階で、ハッと胸を打たれる体験、脳裏に焼きつく体験をすることが大切」といいます。「先生」「子ども」の垣根を取り外し、明日からは子どもたちの冒険仲間に!

ネイチャーゲームは、多様な”生きる力”を育てます。

自然から子どもたちが学ぶこと。それは、生物の知識や自然のしくみだけではありません。とくに幼児期の自然体験では、自然の知識よりも、自然への愛着、観察する力、自然や友達への配慮、意見交換をしながら他者と何かを達成する力など、生きるための基礎力が養われるといわれます。

虫が苦手な新米先生も明日から「自然の先生」

自然体験を!といわれても、先生自身の自然体験がない・・・・というケースもあります。でも、幼児期の子どもに自然体験を行う時にいちばん大切なことは、先生の自然に対する知識や経験量でも、すぐれた体力でもありません。子どもの気持ち・感性・気づきを受け止めること。そして、感動をわかちあう姿勢です。

ネイチャーゲームの特徴のひとつは、「フローラーニング」という手法。<熱意を呼びおこす→感覚をとぎすます→自然を直接体験する→インスピレーションをわかちあう>での構成。自然の知識が少ない方でもすぐに行えるように作られた優秀なプログラムです。

体験を重ねていくにしたがい、子ども自身が自然と付き合い方を自ら学んでいく。先生に求められるのは、しっかりと寄り添うこと。新米先生も、明日からすぐに「自然の先生」。

ネイチャーゲーム指導の5ポイントは ”幼児教育の理念” にもあてはまるともいわれています。

教えるよりわかちあおう/受け身になろう/チャンスを逃さないで/体験第一、解説はあとで/楽しさは学ぶ力

ネイチャーゲームが育む子どもの力

・協力してつくる力

・楽しみながら考える力

・自然を観る力

・自然への愛着

・他社への配慮

まずは、あなたの園で子どもたちと一緒に「ネイチャーゲーム」を体験してみませんか?

幼児教育パンフレット

自然と遊ぼう! | 公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です