高齢者介護にネイチャーゲームを生かす。

聞く・見る・かぐ・触る・味わう

五感を刺激する ”自然体験” で介護がかわる。

日々の生活の中で「自然」と触れ合う体験は高齢者の五感を刺激して脳を活性化身体能力をアップさせさらに精神面での安定を導く効果があります。

笑顔でいっぱい

身近な自然の移ろいをゲーム感覚で楽しみながら五感を刺激する工夫がつまった「ネイチャーゲーム」をおこなってみませんか。

歩く・てを伸ばす・香りをかぐ・・・無意識にからだを使う ”五感の刺激” で身体と心の老化予防

花や木の実に触れようとてを伸ばす、小さな起伏のある野外を歩くことでバランス感覚や体感が鍛えられる・・・。自然の中での活動は、知らず知らずのうちにからだを使い、身体能力をアップする効果があります。しかし、身近な自然はいつもそばにあるため見過ごしがちなのです。ネイチャーゲームには、身近な自然に目を向ける工夫がいっぱい。自然と日々の暮らしの橋渡しをします。ふとかいだにおいに思い出す記憶・・・。そして自然のなかで懸命に生きる多くの命との出会いがうむ「人もまた自然に生かされている」という思い。それらが自らの ”生” を肯定する気持ちを育み、精神安定へと導きます。

「ネイチャーゲーム」でうまれる ”生きている喜び”。認知症の予防、改善に大きな期待がもたれています。

ネイチャーゲームでさまざまな効果が報告されています。

ネイチャーゲーム導入で期待できる主な効果

・変化のある生活で活気が出ます

・身体機能の回復を促進します

・コミュニケーション能力がアップ

・精神的な安定を導きます

・”生への肯定感” が生まれます

安全と言う名の ”閉じこもり” をしていませんか?

刺激のない生活が認知症を進行させ、身体能力の低下させると言う指摘がされています。リスクを恐れて、つい陥りがちな ”過看護・過介護” 。安全・安心は、リスクマネージメントをしっかりと行えば確保できます。高齢者の残存能力を引き出し、日々の喜びを高める「ネイチャーゲーム」をとりいれてみませんか。

「風が気持ちいいね」「セミの声が聴こえるよ」・・ふえる会話、ふえる笑顔。

ネイチャーゲームは利用者にも介護者にもうれしい新感覚の ”レクリエーション” 。

利用者にうれしい:身近だから、いつでもどこでもできる利用者のための工夫がいっぱい。

身近な自然を題材にした「ネイチャーゲーム」は、同じゲームでも季節毎に、また重ねる毎に新たな発見があり、より深くより広く参加者の心をとらえていきます。単調になりがちな高齢者施設のレクリエーションに新たなバリエーションを加えてみませんか?

介護者にうれしい : 介護者自身の変化で環境が改善。 ”ゆとりの介護” が実現します。

「ネイチャーゲーム」は、介護者にも変化を与えます。ゲームを行うなかで耳にする利用者一人一人の歴史や、長年積み重ねてきた豊かな知識にふれることで、個性を尊重し、尊厳をより大切にした介護がうまれる。さらにね、ネイチャーゲームの手法を学ぶことで、自然な気づきや思いやりの心が生まれ、職員間の人間関係もよくなり、施設全体の雰囲気が変わっていきます。

まずは、あなたの施設で効果を体験してみませんか?

公益法人日本シェアリングネイチャー協会

ネイチャーゲームを実施するための3つの方法

ご自身が運営・勤務する施設でネイチャーゲームを行いたい・・・とお考えの方のためにさまざまな要望にお応えできる<3つの方法>をご用意しました。

①利用者・介護者が一緒にネイチャーゲームを体験したい。

ネイチャーゲームリーダーのご依頼

②ネイチャーゲームの実施方法を知りたいレクリエーションの幅を広げたい

ネイチャーゲームリーダー入門講座

③ネイチャーゲームリーダー(指導員)になって施設で取り組みたい方

ネイチャーゲームリーダー養成講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です