大切に育てたい、子どもたちの「伸びる力」

ネイチャーゲームは、1979年に米国のナチュラリスト、ジョセフ・コーネル氏により発表されました。みる、きく、触る、匂いをかぐなど私たちひとり一人が持っている感覚を使い、五感をひらいて自然を感じ、楽しむ自然体験プログラムです。

大切に育てたい、子どもたちの「伸びる力」

五感をつかって自然を体験。ネイチャーゲームは、子どもの豊かな心をはぐくみ、のびのびとせいちょうするための土台を作ります。

ネーチャーゲームを通して子どもたちは変わっていきます。

これから伸びていくための基礎をつくる幼少期。子どもたちの可能性を大きく広げるためにネイチャーゲームを通して伝えてあげよう、自然の不思議や大切さ。

すこやかに、そして強く生きる力を育てるために ネイチャーゲームには、3つの”できる”があります。

*五感で体験できる

ネイチャーゲームには、みる、きく、触る、匂いをかぐなどの感覚を使って、からだ全体で自然を感じるプログラムがいっぱい。今まで知らなかった自然界の面白さや不思議さを体感できます。

*主体的な学びができる

ネイチャーゲームでは、子どもが体験を通して楽しく主体的な学びができるよう手助けします。ひとり一人の心や身体の状態に合わせたプログラムの中で人から教わるのとは違った学びが深まります。

*シェアすることができる

ネイチャーゲームが大切にするのは自然や人との「わかちあい(シェアリング)」。正解や優劣にこだわらない中で子どもたちはお互いの意見や考えの違いを認め合うようになります。

3つの”できる”体験で子どもたちのさまざまな「伸びる力」が育まれていきます。

①身近な自然への好奇心が芽生える

ネイチャーゲームを繰り返し体験することで子どもたちは身近な自然に興味を持つようになり、さまざま生きものに接するたびに”いのち”への愛着が芽生え、やがて自然への感謝や畏敬の心につながっていきます。その効果は、多くの教育現場で高い評価を得ています。

②「なぜ?」と感じたことを自分で考える。

発明王として知られるエジソンも、子どもの頃、身近なものに対してたくさんの疑問を持ったそうです。ネイチャーゲームには”自分で考え、自分で行動する”力を伸ばす工夫がたくさん。子どもたちは知らず知らずのうちに、学ぶことの楽しさに気づいていきます。

③ありのままを受け入れ、自己表現する。

勝ち負けや優劣にこだわらない自由な雰囲気の中、好きなものや感じたことを”認めてもらう”経験をすることで、子どもはありのままの自分を好きになり、自信をもてるようになります。健全な社会性を身につけるための基礎作りにもつながります。

④人それぞれの考え方や行動を尊重する。

感覚や感じ方が人によってちがうことや、嫌われがちな虫にもそれぞれの役割があることを知ることで、人もまた”ひとり一人ちがってあたりまえ”と感じる=多様性を認めることができるようになり、自分以外の人の意見や行動を尊重する考え方がはぐくまれていきます。

こんなネイチャーゲームは全国各地でイベント開催されています。ぜひ参加して体験してください。ネイチャーゲームイベント情報はこちら

ネイチャーゲーム イベント情報

ネイチャーゲームのショップは暮らしの中の自然をより楽しめるグッツがいっぱいそろっています。ネイチャーゲームショップはこちら

ネイチャーゲーム ショップ

より深くネイチャーゲームを知るためのリーダー養成講座もあります。リーダー養成講座の情報はこちら

ネイチャーゲームリーダー養成講座情報

 

イベントや資格の情報、講師の依頼などなど

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会

にお気軽にお問い合わせください。

第27回 全国ネイチャーゲーム研究大会 in 岐阜 2017に参加してきました。【2 日目、3日目】

先週2017年6月2日(金)~4日(日) 2泊3日で岐阜県の国立乗鞍青少年交流の家で開催された第27回 全国ネイチャーゲーム研究大会 in 岐阜 2017に参加してきました。
2日目は、

ワークショップでA~Eの5コース分かれて活動しました。

Aコース 白川郷
Bコース 厳立峡
Cコース 薬膳
Dコース 木育
Eコース 絵本

わたしは、Aコース 白川郷に行きました。

国立乗鞍青少年交流の家を出発して、渋滞を覚悟してくださーいと言われ車中では、オリジナルの始めましてカードを使って自分のすんでるところの話をしつつ自己紹介をしました。

ところが、なんと皆さんの日ごろの行いがよいのかまったく渋滞も無く目的に到着しました。

普段は、道に人がいっぱいなんですよといわれラッキーでした。

高台から、徒歩で白川郷へ

建物の中も見学させていただきました。川尻さんによる先人の自然を活かしたと匠の技「合掌造り」の解説

合掌作り神田家、明善寺、どぶろく祭りの館をネイチャーゲーム<森の美術館>アレンジをしながら、巡りました♪

翌日の全体プログラムの発表のためにわがチームは、合掌造りの特徴を7つあげてみました。どんな暮らしをしてきたかが良くわかりました。

帰りも渋滞も無くすんなり乗鞍青少年交流の家にもどってきました。

食事のことを書いてなかったのでちょっとご紹介します。こういう施設だと食事があまり美味しくないというイメージでしたがここはバイキング形式でなかなか美味しく毎食いただけました。

二日目の夜は、座アラカルト

「呼吸法を意識したネイチャーゲームの実践と検証」を選びました。

以前より、呼吸法、瞑想など自然との愛称がとてもいいのではと感じていたのでみんなで呼吸法の実践をしてワークができたことはとても良かったです。

ジョセフコーネルさんの「空と大地が私に触れた」をさらに深めていく良いきっかけになりました。

そして2日目の夜も懇親会で全国のネイチャーゲームリーダーの皆さんと楽しく交流してあっというまの一日でした。

3日目最終日、

早朝のフリープログラム

「ペアーで味わうネイチャーエクササイズ」 に参加しました。

大地を踏む感覚、二人組で呼吸を合わせたりお互いの呼吸を感じたり、最後はサイレントウォークを二人組で行い自然を通してすごく近づけた感覚でした。

これからもっともっと体験することによって自分の感覚が目覚めて行きそうで楽しみです。

最終日の全体プログラムを終えて、ネイチャー仲間との楽しい3日間がおわりました。全国ネイチャーゲーム研究大会が27回目ということでしたが、北海道から九州まで全国からネイチャーゲームリーダーが集まるこの会は参加する前の輪私の想像を超える内容とたくさんの自然案内人との出会いとなりました。

終了後、バスで高山駅まで行きその後一人で高山を散策。 高山城跡のある講演を一人散策。この値は、旧暦で行事をしており6月でしたがこいのぼりがあがっておりにぎやかな高山を堪能して夜には名古屋へもどりました。

いままで東海ブロックまでのお付き合いが全国に広がりました。来年の全国研究大会は、福岡県北九州です。すでに福岡のメンバーは準備を進めており、プログラムの発表もありました。年に一度リアルで全国のネイチャーゲームリーダーと会えるこの会に来年も参加したいと心からおもいました。

今回お会いしたたくさんの人たちとfacebookを通して継続して交流が始まりました。これから他県に行くときに、ネイチャーゲームのイベントがあれば参加して今回あった方々との再会したいです。

今後のネイチャーゲーム普及活動を皆さんで盛り上げて行ければと感じた全国研究大会でした。