全国一斉シェアリングネイチャーの日のご案内

毎年10月第3日曜日は「全国一斉シェアリングネイチャーの日」です。

身近な自然を自由に楽しもうというコンセプトで開催されている参加自由型イベントです。

一緒に自然と遊び、地球と笑う一日を過ごしましょう!

2017年は、10月15日(日)です!

「自然にタッチ!」をテーマに実施します。

詳細および関連情報はこちらから

全国一斉シェアリングネイチャーの日

【イベント】全国一斉シェアリングネイチャーの日

morinoiroawase1.JPG

「全国一斉シェアリングネイチャーの日」は毎年10月第三日曜日に、身近な自然を自由に楽しもうというコンセプトで開催されている参加自由型イベントです。事前の登録も、ややこしい手続きもいりません。
当日中であれば、ベランダでも公園でもいつもの散歩の途中でも、1人でも仲間と一緒でも、1分でも1時間でも、あなたが自然を楽しむ活動をしたその瞬間、その場所がイベント会場となります。

なごやネイチャーゲームの会でも、10月15日 秋の会を開催します。

どなたでも参加できます。夜のネイチャーゲームの会は、年に一度限り。

きれいな夕日を見ながら、夕方から夜にかけての自然体験。なかなか体験する機会もないと思いますのでぜひぜひぜひ参加してください。

2017 秋の会

10月の第3日曜日(10月15日)は、全国一斉シェアリングネイチャーの日です!
私たちが持ついろんな感覚をつかって自然に直接触れ、さまざまな手触りや感触を楽しんでみませんか。

開催日
2017.10.15(日)
時間
16:00〜19:00
開催都道府県
愛知
会場
猪高緑地(名古屋市名東区)
対象
親子、一般
定員
20名
参加費
一人200円
持ち物
筆記具、飲み物、ネイチャーゲーム体験カード(お持ちの方のみ)
主催者
なごやネイチャーゲームの会
お申し込み/お問い合わせ
℡・FAX 0516-74-5718
メール terachan@mb.ccnw.ne.jp
(担当:寺西)
※お申込みはメール又はFAXにて、参加者全員の氏名、年齢(学年)、住所、電話番号(FAX番号)をお知らせください

昨年は10月16日に開催

なごやネイチャーゲーム秋の会

「見せてあげたいな!この空」

満月にはだれかのことを想い、「ありがとう」をいいたいね。

※「World Food Day」・2016年全国一斉ネイチャーゲームの日テーマ「空を見あげよう」

016秋の会「夜空を見上げよう」レポート

当日の天気 曇り
参加者数  17名(おとな10名 子ども7名)
実施アクティビティ <色いくつ> <音いくつ> <サンセットウォッチ>
<カモフラージュ> <森の美術館>
コメント 「季節や時間を問わず、空を見上げて自然と仲良くしてね」の
メッセージをお伝えしました。

20161017185014-6ab9b1eb4467e60680c66847fd23c63c62351624.jpg20161017185014-9ca551c2828bed87c10c2ce5568bba5d5108076d.JPG20161017185014-a638719d54e88a8b0e05dc73ad5a4ddc2ac0e4ff.JPG

開催日
2016.10.16(日)
時間
17:15〜19:00
開催都道府県
愛知
会場
愛知県牧野ヶ池緑地東園
主催者
なごやネイチャーゲームの会

 

☆日時:10月16日(日)17:00~19:30

・17:00受付開始、17:15~19:15頃まで活動、17:30退園

・少雨開催

☆場所:愛知県牧野ヶ池緑地東園(梅森坂交差点5分)

・県道浅田名古屋線バス停「梅森坂」付近、公園への入口有
・〒465-0067愛知県名古屋市名東区猪高町大字高針字梅森坂52-175

・駐車場有(無料)
☆集合場所:東口管理事務所付近(駐車場横)

・目印はネイチャーゲームの緑色の旗

☆参加費:200円(保険料含む)

・ネイチャーゲーム体験カードとなごや環境大学スタンプカードが

ある人はお持ちください

☆問い合わせ、申し込み:

なごやの会事務局寺西 メール:terachan@mb.ccnw.ne.jp 
 18時~20時までの間でお願いします

☆持ち物:レジャーシート/暖かい服装で

 

 

 

大学等で開催する学生向け資格取得講座 ネイチャーゲーム課程認定校制度

大学等で開催する学生向け資格取得講座

ネイチャーゲーム課程認定校制度

次世代を担う若い方々が、自然や環境のことを考え、実践に取り組むきっかけを作り支援していくことは、自然を尊重し共生していく社会を創造するための大切なアプローチであると私たちは考えます。

学生の時間は、思いきり学び、新しいことに挑戦し、経験を積んでいくことのできる貴重な時間です。

このときに体験に基づいた自然への理解や共感を育み、自然体験、環境教育の具体的な手法や理念を学ぶことは、学生ひとりひとりの視野や活動の幅を広げることにつながり、得難い財産となります。

またネイチャーゲームリーダー資格の取得は、その経験を裏付け、環境教育の実践者、自然案内人としての自信へとつながります。

こうした人材育成は、学校としての環境教育をはじめ持続可能な社会の創造のための教育への具体的な取り組みの一つともなります。

学生を迎える学校側にとってもメリットとなるよう、2001年度より学校の中で資格取得ができる「ネイチャーゲーム課程認定校制度」をスタートし、大学や短大、専門学校等におけるネイチャーゲームリーダー養成講座の開催を提案させていただいています。

課程認定校とは

B03P003.jpg課程認定校制度とは、専門学校や大学の教職員が主催してネイチャーゲームリーダー養成講座を在学生向けに開催していただく制度です。
日本シェアリングネイチャー協会では、ネイチャーゲームリーダー養成のための諸条件を満たした講座を開催していただく学校を、ネイチャーゲーム課程認定校(以下、課程認定校)として認定しています。

課程認定校のメリット

日本シェアリングネイチャー協会の正規のカリキュラムとして同様の内容での開催となりますので、授業に組み込むことによって学生が効率よく単位の履修と、検定受講の要件を満たすことができます。

検定はカリキュラムの最後に実施し合わせて審査を行いますので、検定合格者は即日、資格取得が可能であり、講座修了後すぐにネイチャーゲームリーダー資格を活用することができます。

<一般講習会と比較してのメリット>

・通常、年間5,860円かかる資格更新料が在学中は無料となります(2013年度開催講座より)
・学校の教室や学校の敷地内で開催しますので、会場費等の経費がかからず、一般会場より安く参加できます
・取得資格を就職活動にお役立ていただけます
・講座終了後、有志でネイチャーゲームのサークルを立ち上げ実践へと繋げている大学もあります。
その場合は、シェアリングネイチャー活動の地域実践団体として支援をさせていただいています。
・あらゆる分野を学ぶ学生の方々に学んでいただきたい教育活動ではありますが、特に幼児教育・
保育・小学校教育の分野においては、現場に活かすことのできる学習内容として高い評価をいただいております。
参加学生の専門性に合わせた講座の展開が可能です(ご相談ください)。

課程認定校で取得できる資格

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会公認ネイチャーゲームリーダー

本講座は、環境教育等促進法*人材認定等事業に登録されており、効果的な人材育成プログラムとして、鹿児島県や北海道他の 環境学習推進計画・方針で取り上げられているほか、各種の公的な機関による主催事業等でも 取り入れられています。

*環境教育等促進法:環境保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律
(改正前 環境教育推進法:環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律)

自然体験活動リーダー(条件を満たす講座のみ。18時間以上の履修時間が必要となります)
全国体験活動指導者認定委員会が発行する資格です。
3日コースにおいて取得できるカリキュラムを適用できます(ご相談ください)。

具体的な開催について

開催形態

・夏休みや春休みなど短期集中として実施する場合は、 日帰り2日または3日で修了できます。
ネイチャーゲームトレーナーが期間中、貴校へお伺いし、ネイチャーゲーム規程のカリキュラム(講習・実習)のすべてを担当させていただきます。

・カリキュラムは一般募集会場と同じ、3日間または2日間どちらでもお選びいただけます。

・半期単位の授業として実施する場合は、当協会認定のネイチャーゲームトレーナーを貴校で非常勤講師として雇用していただくこととなります。
毎週1回90分の授業を10コマから15コマをネイチャーゲーム規程のカリキュラムで実施していただけることにより、授業修了時に資格が取得できます。
会場・人数等

B03P005.jpg・会場は学校内です。「あまり自然環境がないのですが」と心配をいただくこと場合もありますが、多くの学校では校内において実施しています(状況により近隣の公園を利用することもあります)。

・参加学生は15名以上が講座開催の目安となります。

・ゼミ単位での実施や、学部学科内での公募型、学校全体の任意参加行事としてなど、いろいろな形態で開催いただけます。

・担当の先生1名が必要です。先生もご一緒に学生価格で参加いただけます。

 

お問い合わせ先
公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会課程認定校担当 山口哲也

TEL:03-5363-6010(土日祝日を除く10:00~17:30)

FAX:03-5363-6013

E-mail:yamaguchi@naturegame.or.jp

情報誌「シェアリングネイチャーライフ」2017 6月号 夏 VOL.17

自然と遊び、自然から学ぶよろこびにあふれた生活「シェアリングネイチャーライフ」をテーマに、年4回発行する情報誌。

2013年度より「ネイチャーゲームの森」から「シェアリングネイチャーライフ」にリニューアルしました。

「シェアリングネイチャーライフ」2017 6月号 夏 VOL.17

大反響の特集「うんこはごちそう」もうご覧になりましたか?
不潔なものと捉えられがちな「うんこ」。しかし、何らかの形で栄養を得、不要なものを「うんこ」として出すのは、すべての生きもの共通…糞土師・伊沢正名さんの「うんこ」論から、「循環と共生」が見えてくる!

contents

特集●うんちはごちそう・・・「循環」と「分解者」を知る・・・p3

「うんこ」と聞くと、多くの大人は顔をしかめます。子どもたちはみんな、この言葉が大好きなのに・・・そんな思いを密かに抱え

「うんこ」を汚いもの、不浄なものとする現代社会にひとり警鐘をならす ”糞土師” の井沢正名さんに「うんこ」の魅力をたっぷりおうかがいしてみました。

肝心なのは「食べる」「出す」

自分のうんこを見て「おいしそう!」と思う人はいるでしょうか?まずいないと思います。現在、多くの人はうんこを ”汚いもの” と感じ、水洗トイレで水に流し、生活空間から瞬時に排除する方法を選んでいます。けれど、自然のなかで見つけた野生動物のうんこではどうでしょう?これは動物の種類により、感じ方に個人差があるように思います。

きのこ写真家であり、自然界で分解される糞の観察を長年続け、最近では自らを「糞土師」と名乗る井沢正名さんは「自然界ではうんこはごちそう。その証拠に自然のなかに放置された哺乳類のは、多くの場合、数日でなくなってしまう」といいます。では、”なくしている” のは、誰なのか・・・。

以下は、井沢さんによる「自然界に放置されるうんこに集まってくるものの代表と出現順(目視)です。

①ハエ

②イノシシ、ネズミなどの雑食性動物 アリ・フン虫

③菌類

④ミミズ

⑤モグラ(ミミズを食べる)

うんこを土のなか浅く埋めておくと、掘り出されたような穴が開いていることがよくあるそうです。また、日数が経過したものは、うんこ全体がまんべんなくアリの巣になっていることも。

「アリにしたら、おとぎ話の ”お菓子の家” だよね。」とは井沢さん。

さらに、うんこがあった部分だけに、新しい木の根がぎっしり延びて広がっていることも少なくないそうです。この根には、実は共生する菌根菌がついていることも多く、菌根菌はは栄養源を素早く察知し、土のなかの無機塩類や水分を吸収して木に提供し、自分の成長に必要な炭水化物(糖質)などを木から得ています。「植物は動かないと思っていたのですが、すばらしいセンサーを持って積極的に生きているんですよね」(井沢氏)

そして、うんこのあったところから新たな植物の芽生えがあり、またキノコが生え・・・。命のバトンがつながります。

(以降の記事は、こちらからごらんください。

「シェアリングネイチャーライフ」2017 6月号 夏 VOL.17

イベントレポート・・・・・p7

被災地復興支援情報・・・・p7

News・・・・・・・・・・・p7

Dr.日置 - 「ことば」× 科学 ●自然(じねん)・・・p8

ネイチャーゲームで体験しよう!<季節からの招待状>・・p8

SNLな仲間たち●東京都・・・安養寺陽子 さん・・・・p10

プレゼント・・・・・・・・p10

ジョセフコーネルの課外授業・・・p11

四角友里●なんにもしないアウトドア・・・p12

 

★シェアリングネイチャー会員以外の方で、情報誌を読んでみたい方がいらっしゃいましたら、シェアリングネイチャー協会 事務局 jimukyoku@naturegame.or.jp

までご連絡ください!
冊子版を無料で送付していただけます。
SNL17_top.png

なごやネイチャーゲームの会

なごやネイチャーゲームの会
なごやネイチャーゲームの会とは・・・名古屋市周辺の公園・緑地に生息。

年に5回ほど現れる。

自然大好きお兄さん(?)&お姉さん(?)の集まり。

***

2017年 季節の会

春の会    4月22日(土) 愛知県森林公園

新緑の会   5月7日(日)  猪高緑地

夏の会    7月22日(土) 名城公園

秋の会    10月15日(日) 猪高緑地

冬の会    2018年2月3日(土) 天白公園

<オタマジャクシがいたよ> 2017新緑の会(猪高緑地) <森の色合わせ> 2017春の会(愛知県森林公園) 2016冬の会(大府市二ツ池セレトナ)ネイチャーゲームを楽しんだ後、暖かいすいとんを食べて、みんなで歌を歌って冬の日を楽しく過ごしました。
名称
なごやネイチャーゲームの会
代表者名
山本 康弘
連絡先名称
寺西 広晃
電話番号
0561-74-5718
メールアドレス
terachan@mb.ccnw.ne.jp
主な活動場所
名古屋市及びその周辺

2016年度 なごやネイチャーゲームの会 活動報告

2016 冬の会(レポート)

冬のネイチャーゲーム IN 大府市自然体験学習施設二ツ池セレトナ

2月の冬の日としては、とってもいい天気。

たくさんの参加者の中、ネイチャーゲームを楽しみました。

最初のネーチャーゲームは、「ノーズ」」。

指導員の生き物ヒントを聞いてわかったと思ったら鼻をさわってみんなでなんの生き物なのかを当てるゲームです。

にわとり、かまきり、ペンギンの3つをやりました。導入部分のゲームとしてたいへん盛り上がりました。

次は、「動物発見ラリー」。

今回は、フィールドが限定される中参加者がたのしそうに生き物を探す姿が印象的でした。

本物のカマキリの卵やセミの抜け殻、ヒヨドリなどが発見できて、自然のなかでたくさんの気づきにつながったようです。

フィールドを移動して、「落ち葉じゃんけん」をしました。

葉っぱの種類は少なかったですが、自己紹介をしてじゃんけんしてなるべく違う葉っぱを探すということにして森の中でみんなが一つになった感じでした。

最後に落ち葉が地面に敷き詰められているので、地面に寝転がりながら空を見上げるというのをやりました。(大地の窓変形版)

冬なので寒いかなと思ったのですが、葉っぱがふわふわでとても気持ちがよかったです。

大地の窓のように、葉っぱに埋もれた人もいて森のなかで葉っぱと友達になりました。

お昼は、すいとんを食べながらみんなでギターの演奏でことりのうた、もりのくまさんを歌って盛りだくさんの楽しい一日でした。

参加者は大人10名、子供9名 計19

20170206043443-977327a989e41d480d0731c64c345cc937231b6d.JPG20170206043441-4386ea84f58f876b907aedd88c45ce457e25319f.JPG20170206043442-d3102e86f8a869b51f10296dd21e337e279dcbdd.JPG20170206043442-de94b19445a9a35e382024ed63ef45981b934169.JPG

開催日
2017.02.04(土)
開催都道府県
愛知
会場
大府市二つ池セレトナ
主催者
なごやネイチャーゲームの会
2016秋の会「夜空を見上げよう」レポート

当日の天気 曇り
参加者数  17名(おとな10名 子ども7名)
実施アクティビティ <色いくつ> <音いくつ> <サンセットウォッチ>
<カモフラージュ> <森の美術館>
コメント 「季節や時間を問わず、空を見上げて自然と仲良くしてね」の
メッセージをお伝えしました。

20161017185014-6ab9b1eb4467e60680c66847fd23c63c62351624.jpg20161017185014-9ca551c2828bed87c10c2ce5568bba5d5108076d.JPG20161017185014-a638719d54e88a8b0e05dc73ad5a4ddc2ac0e4ff.JPG

開催日
2016.10.16(日)
時間
17:15〜19:00
開催都道府県
愛知
会場
愛知県牧野ヶ池緑地東園
主催者
なごやネイチャーゲームの会
2016 夏の会(レポート)

夏のネイチャーゲーム IN  庄内緑地

当日の天気は天気予報に反して晴れ。

噴水で水浴びを楽しむ子供たちの歓声が聞こえる中、ネイチャーゲームを楽しみました。

「私は誰でしょう」は、指導員が記憶喪失になった生き物を参加者の答えをもとに、自分が誰なのかを当てるゲームですが

なかなか当てられないことが、参加者の熱意をおこさせ導入部分のゲームとしては、最適でした。

次は、ネイチャーゲームパンフレット裏側にある「フィールドパターン」を次のアクティビティのつなぎとして行いました。

ですが、単なるつなぎではなく、参加した子供たちの感性の豊かさに指導員全員がびっくりさせられることが多くありました。

次に「カモフラージュ」を行いました。今回は、木陰のほうが涼しく楽しむことができると思い、木を使ったゲームを行いました。

このゲームも指導員の方々のグッズを隠すテクニックがすばらしく、簡単なものから困難なものまで、参加者は必死でグッズを探して見つけられた時の喜びをみんなで分かち合いました。

最後に「フィールドビンゴ」を木のビンゴカードを使っておこないました。

最初はこのフィールドで大丈夫なのか心配でしたが、「天然のカブトムシ」が出現して興奮のるつぼに達したのはいうまでもなかったです。

参加者は大人7名、子供5名 計12名

暑い日でしたが怪我とか病気、虫刺されもなく無事すごせて、いろいろな自然が体験できてよかったと思います。20160801221540-9c36da592179a92213c0c0c268a40b707adb72b7.JPG20160801220913-3eeaf904b47c4088fa342ce7aa19f06e8977aff5.JPG20160801221041-4412f351373fb571d77b81f524693f67a1ed9eba.JPG20160801221158-5ffbc228dd57a81378deeb4e081e7ef8cfe6d4ff.JPG20160801221440-c77dc37071e47d18bb0872d33943d8b314e5620f.JPG

開催日
2016.07.23(土)
時間
9:30~12:00
開催都道府県
愛知
会場
名古屋市西区庄内緑地公園
主催者
なごやネイチャーゲームの会

愛知県シェアリングネイチャー協会

愛知県シェアリングネイチャー協会

愛知県シェアリングネイチャー協会は、県内のシェアリングネイチャー活動を統括・支援する組織です。 (平成28年度会員数:371名)

県協会の事業としては一般の方の資格取得を目的としたリーダー養成講座と、会員の研修や交流を目的としたフォローアップセミナーをそれぞれ年1回実施しています。

また、【地域の会】の運営・連携サポートなどを行っています。

とよたとよはしなごやの各【地域の会】では、一般の方を対象としたネイチャーゲーム体験活動のイベントを開催しています。興味のある方はぜひご参加ください。

***

平成29年度事業予定

指導者の養成・研修に関する事業

・フォローアップセミナー 5/21 名古屋市名東生涯学習センター

・リーダー養成講座 2017年9月30日(土)・10月1日(日) 1泊2日 豊橋市少年自然の家

2018年3月頃 日帰り2日 大府市二つ池セレトナ

その他の事業

・長久手市 平成こども塾丸太の家「ネイチャーゲーム体験」 5/20 6/17 7/15 9/2 11/18 1/20

・名古屋市名東区 2017エコフェスタ名東「ネイチャーゲームブース」 8/9 名東区役所講堂

・大府市二ツ池セレトナフェスタ「ネイチャーゲーム体験」 11/5

・名古屋市名東生涯学習センター ふれあいセンターまつり「ネイチャーゲームブース」 11/11

・あいち海上の森フォーラム「ネイチャーゲーム体験」 日程未定

 2017 フォローアップセミナー  リーダー養成講座 コウモリとガ   大府市二つ池セレトナフェスタ
名称
愛知県シェアリングネイチャー協会
代表者名
青山 裕子
連絡先名称
青山 裕子
電話番号
052-775-9461
FAX番号
052-775-9461
メールアドレス
aoyama@f8.dion.ne.jp
HPアドレス

指導員対象研修講座

フォローアップセミナー2017IN 愛知  

多くのご参加ありがとうございました

日時:・2017年5月21日(土)9:00~17:00
会場:名古屋市名東生涯学習センター第3集会室・猪高緑地
内容:2017年度版自然案内人掲載NEWアクティビティを含むネイチャーゲーム体験や講義
あいちシェアリングネイチャーhttps://www.facebook.com/aichisharingnature/

会員対象

愛知県シェアリングネイチャーゲーム協会第18回通常総会

皆様のご協力で終了しました

日時:2017年5月21日(土)13:00~14:00
会場:名古屋市名東生涯学習センター第3集会室・猪高緑地
議案:

・平成28年度事業報告(承認)

・決算報告(承認)

・平成29年度事業計画(承認)

・予算(承認)
・その他:受託、協力事業の説明他

 

 

ネイチャーゲーム全国研究大会INあいち」ポストイベントは

「ネイチャーゲーム あいち ミーティング」通称(NAM)
全国ネイチャーゲーム研究大会IN愛知会場となった旧額田(岡崎市)を中心に指導員と地域の方、子どもたちと共にシャエリングネイチャーな活動をしていきたいと夢は広がります。(ハンドブック理論編7版事例報告掲載)
参加連絡および、情報提供希望の方には情報をお送りします。 

NAM2017年度の予定

・6月24日(土)、夜のネイチャーゲーム体験&ホタル観賞

問合せ先:県協会NAM事務局寺西 terachan@mb.ccnw.ne.jp

NAMとは2011年6月に開催した全国ネイチャーゲーム研究大会の会場となった愛知県岡崎市千万町地区から発生したシェアリングネイチャーな活動をしていく緩やかなネットワーク。N(NatureGame)  A(Aichi) M(Meeting)の略でナムと言っています。


活動の様子
・日時:2016年6月18日15時30分~
・場所:岡崎市小久田地区中山間活性化施設とその周辺
・プログラム名:「梅雨時の山の暮らしと自然を訪ねて」
・内容:二番茶摘み&自分たちで摘んだお茶を活性化施設で蒸す/周辺散策&お茶タイム/夕ご飯(地元の野菜)/蛍鑑賞・ネイチャーゲーム<ナイトハイク>
・案内人:地区の林家(りんか)さん
・報告:岡崎市小久田の林家さんが案内人です。自家用の茶畑から顔を出して、ニコッ。まるで斬首刑にされたような仲間たち。ササユリを見たり小川の音に耳を澄ませ、其々の思いでフットパス。林家さん宅のアナグマに挨拶し、1週間前に捕獲されたイノシシのシッポを触る。活性化施設で早速、生茶を作りで茶聞きをしてみる。茶葉の大きさで味の違いを実感。夕御飯は林家さんが朝から掘ってくれた自然薯や野菜に舌鼓。森の端、青空に浮かんでいた白い月も夜空に輝くようになった八時頃、蛍に会いに出かける。林家さんが「よう、来てくれたと蛍が言っているよ」「昨日の夜より蛍の数が多い」と私たちにかけてくれる言葉にやさしさが身に沁みる。竹が覆う林道や小川、木にゲンジボルがユックリと飛び交う。田んぼの畔には糠蛍が光る。座り込み眺めるもの、懐かしさに喜ぶもの、写真を撮るもの等々~。静かで豊かな時を過ごさせてもらいました。帰り道では森からシカのキューという鳴き声。地物野菜やお花を頂き再訪を楽しみにおいとましました

・2015年11月28日

下山のコープに9名が集合し、地元ならではの山道具や罠が売っていることに興味しんしん、野菜が安いので買う気まんまんのおのぼりさん状態です。近くで昼食(五平餅定食)を食べながら口元にお味噌をつけて自己紹介とネイチャーゲーム全国研究大会やNAMについて説明。5台の車を連ねて、岡崎市小久田(旧額田小久田)でお世話になっている柴田さんのところへ。アポなしでの来訪だったが途中の山道で偶然にも遭遇、会えたことに感謝しきりでした。神社や中山間施設の見学、アナグマを観察、シカの角やイノシシの牙や皮を見せてもらう。ゆずやミカンのお土産を頂きまたの再会を約束してお暇する。301号を走り、2011年開催、全国ネイチャーゲーム研究大会の思い出の地へ。間伐体験近くに借りた土地を見て、山遊びに思いを巡らす。

 

シェアリングネイチャーメールマガジン

日本シェアリングネイチャー協会からのいろいろな情報を、メールマガジンとしてお届けしています!
トピックスやイベントのご案内、参加者募集のお知らせなど「旬な」情報をお届け。誰でも登録することができますので、興味のある方はぜひご登録ください。

下記アドレスに空メールをお送りください

join-sn-mm.yAZS@ml.freeml.com

(メールソフトを使ってメールを送る)
登録の手順
1 件名を入れずに「空メール」を送信してください
2 1~2分でfreeml「参加確認のお知らせ」の返信メールが届きます
3 返信メールについている「▼参加完了はこちらから▼」のアドレスをクリックします
4 登録完了です

下記最新のメールマガジンです。(17年7月7日現在)

===================================================

シェアリングネイチャーメールマガジン

■★◎シェアリングネイチャーメールマガジン 2017.07.07 53号◎★■

[巻頭メッセージ]

「25年目の衝撃!」山口哲也

今日は棚機よ!

先日、12月に開催する「小さな子ども向けアレンジセミナー」の
打ち合わせで、ねむの木保育園の村田隆行園長を訪ねました。

いろいろなアクティビティを園児へ実践している
お話が伺えましたのでひとつご紹介します。

私は、〈ノーズ〉を小さい子どもとやると、
いつも途中で答えを言われちゃって
「これではノーズにならん!」と固く信じて25年。
いつやってもそうです。
何回やってもそうです。
3歳4歳5歳はもとより小学校の低学年に至るまで
「ライオ~ン」だの「ゴリラ~」だの「カブトムシ~」だのと
必ずと言っていいほど途中で答えを言っちゃっていました。

こういうことが繰り返されているうちに出した結論は
「ノーズはこの年齢にはムリ、やらない」と。

あれから25年…いや、そこまではしないのですが、
今回その話を村田園長に話したら…
「答えは言っちゃいますよね。最初にルールを伝えて
「最後まで聞いてね」って言っているのに、
子どもは言っちゃいますよね」とのこと。

「でもね…」と、園長の口から飛び出した続きのお話には、
目からウロコ耳から鼻血ブーの激震が走りましたヨ!

もう一気に「そうかぁ、できるんか…ノーズが」
と心がパーっと晴れた気分。
村田園長の魔法にかかったみたいに
もうすぐにでもノーズやりたくなりましたもん。

毎日園児に接している園長からすると特別なことではなく、
やはりプロの感覚ってすごいと感心しまくりました。

どんな魔法かは、セミナー当日に村田園長から
お話いただけますので、どうぞご参加お待ちしています。

12月17日(日)第2回目小さな子ども向けアレンジセミナー
東京都町田市ねむの木保育園会場、まだ定員空いています。

人はこれを番宣、または営業トークと言う(笑)。

*************************
目次
1 WEBSHOP
2 リーダー養成講座
3 フォローアップセミナー
4 イベント情報
5 モンベル店チラシ
6 シェアリングネイチャーの日
7 読者アンケート
8 一行ニュース
*************************

1======================
ネイチャーゲームWEBSHOP
ショップスタッフおすすめの商品!
========================
●フローラーニングアニマルシリーズ
夏のネイチャーゲームには、涼しい速乾性のモンベルTシャツ
カワウソ、カラス、クマ、イルカの愛らしいデザインです。

フローラーニングアニマルズTシャツ
半袖 カーキ XSサイズ
https://goo.gl/lQuGga
半袖 ライトグリーン XSサイズ
https://goo.gl/bCsgE0
長袖 ヘザーチャコール XSサイズ
https://goo.gl/58A6Av

●ジョセフ・コーネル著
最新刊『空と大地が私に触れた』
https://goo.gl/wtTpNh
梅雨の疲れに、いかがでしょうか。
自然を感じるシェアリングネイチャーのエクササイズを紹介。

●フィールドビンゴてざわりカード
https://goo.gl/TzgvxA
今年度、新しく発売されたフィールドビンゴカード
幼児から高齢者まで、一緒に活動ができると好評です!

2========================
みんなが、自然あそびの天才!
ネイチャーゲームリーダー養成講座
=========================
ついに来ましたセミの初鳴き!
草がゆれたと思ったら、
そこには少し大きくなったバッタ。
命がキラキラと輝いています。
今だからこそ感じられる自然の息遣いを
一緒に楽しみましょう。
既にリーダー資格をお持ちの方の
フレッシュアップ受講もご検討ください!
http://goo.gl/fjFf1v

3========================
フォローアップセミナー 2017
ネイチャーゲーム指導員向け情報)
========================
2017年度の講義テーマは、
「自然への気づき」と「自然との一体感」!
私たちが大切にしている「ネイチャーゲーム目的」と
「クマの活動」はどうつながっているのか・・・?
そしてアクティビティ体験には、新刊本から
ジョセフ・コーネル考案〈空と大地が私に触れた〉も。
新リーダー応援キャンペーンも実施中です!
http://goo.gl/KLVUOV

4=========================
自然の恵みを楽しみましょう!
ネイチャーゲームイベント情報
=========================
「子どもと一緒に身近な自然を楽しみたい」
「自然の中でリフレッシュしたい」
ネイチャーゲームって何だろう?」
そんなときは地元のイベント情報をチェック!
http://goo.gl/9IIG8d

5========================
モンベル直営店に
ネイチャーゲームのチラシ設置中
========================
アウトドアショップmont-bell下記の店舗に
ネイチャーゲームリーダー養成講座の
チラシを設置中です。
—–
鈴鹿店
新潟万代店
新潟南店
札幌赤れんがテラス店
ららぽーと海老名店
茅ヶ崎店
ららぽーと湘南平塚店
横浜港北店
松山店
今治店
日の出店
ららぽーと富士見店
長瀞店
—–
各店舗情報は下記から
https://store.montbell.jp/search/

6=========================
全国一斉シェアリング
ネイチャーの日2017
=========================
毎年10月第3日曜日は
全国一斉シェアリングネイチャーの日。
今年のテーマは、「自然にタッチ!」
10月15日。
いつでも、どこでも、誰とでも。
自然と遊び、地球と笑う一日を過ごしませんか?
全国各地でネイチャーゲームイベントも開催予定!
下記「イベント一覧」の10月をご覧ください。
https://www.goo.gl/ow2Kvi

★現在インスタグラム、facebook準備中!
————-

7=========================
読者アンケート募集中!
シェアリングネイチャーライフ』Vol.17
=========================
6/15発行の情報誌『シェアリングネイチャーライフ』
Vol.17の読者アンケートを募集中です。
抽選でシェアリングネイチャーグッズが当たります。
ぜひご応募ください!
アンケート回答は下記ページから
https://www.goo.gl/6Pn6P4

8=======================
もっとみんなとつながりたい
事務局一行ニュース
=========================
・夏は好きなんだけど、休みがあるから好きなんだな(ゆ)
・今年は四国と三宅島の海に行けたら行くつもり(ゆ)
・パパ友がカブトムシをくれました!知り合いが昨年、捕まえた子とのこと?!(こ)
・甥っ子誕生のプレゼントを買いにおもちゃ美術館へ。自分用が欲しくなる笑(こ)
・飼っていたカエルを里に返しました、元気かなぁ…(か)

MLホームページ: http://www.freeml.com/sn-mm

ネイチャーゲームリーダーになって****扉を開こう。

ネイチャーゲームリーダーになって

いろんな扉を開こう

あなたの扉を開こう

自然の、扉を開こう

Natere Game Leader

ネイチャーゲームリーダーとは、ネイチャーゲーム活動を通して、身近な人たちに自然を案内し、伝える人。そして、自然とのわかちあいを楽しめる人のことです。あなたもリーダーになって、自然の扉を開き、身近な人たちと、そして自らも自然の感動や喜びを楽しみながら、自分自身の可能性を広げてみませんか?

SharingNature 【シェアリングネイチャーの6原則】

・いつも受け身でいよう

・教えるよりも体験し、わかちあおう。

・深いよろこびの感覚を体験しよう

・理想をめざして実践しよう

・みんなの意識を高めよう

・自然のためだけでなく、自然とともに生きよう

自然がすき/自然をもっとたのしみたい/自然についてつたえたい/自然や子どもたちのために何かしたい/ネイチャーゲームってなに?

ネイチャーゲームリーダー 自然案内人になりたい

ネイチャーゲームリーダー養成講座に参加する

ネイチャーゲームリーダーになるためには

ネイチャーゲームリーダーの資格をとる

・暮らしで楽しむ

・自分の活動に生かす

・教育現場で取り入れる

・人に伝える

・協会の活動に参加する

リーダーとしての活動のかたちは、十人十色!

リーダー養成講座を受けて、自然の楽しさを伝える仲間になりませんか?

ネイチャーゲームリーダーへの道

(ネイチャーゲームリーダー養成講座を受講して)

 

①リーダーの資格を仕事でも活かしたいAさんの場合

「新しいプログラムを作って環境教育に役立てたい」

初めて森の下見プログラム作り(自然の色をテーマにして)

初めてのグッツ購入(ダックコールと色あわせカードと、、、)

開催案内を作って配布(親子遠足 森の色をさがせ! 開催)

デビュー

環境教育の仕事をしています。

②暮らしの中で自然を豊かに楽しみたいBさんの場合

「ネイチャーゲームを楽しみながら、暮らしを豊かにしたい」

ベランダで<音いくつ>をやってみる(いろんな音がきこえてくるかなぁ。)

会員向け情報誌で新情報を得る。(新しいアクティビティーがでてる。)

シェアリングネイチャー協会のセミナーに参加する(もっと自然をまなぶ。)

自分を知って、生活が豊かになりました。

 

③たくさんの仲間と自然をわかちあいたいCさんの場合

「地域の会を作って、つながりを広げたい」

リーダー養成講座同期生とメールで情報交換(地域の会をつくりたいなぁ)

おそろいのTシャツを作ったり、のぼりを用意して

デビュー

地域の会を立上げ(仲間たちと自然をもっと楽しもう!)

仲間や地域とのつながりが増えました!(楽しいね)

私たちと一緒に、自然をわかちあい、楽しみ、伝える人になりましょう!

ネイチャーゲームリーダーになって、自然の楽しさを伝えよう!

ネイチャーゲームは、あらゆる年代の方が、身近な自然で楽しめる活動です。

ネイチャーゲームで、自然と共にある暮らしを始めませんか。

*自然の営みを日常で楽しむヒントがいっぱい!

五感を使った体験で、自分の感覚をフル稼働!自然の小さな変化に気づいたり、気持ちをほぐすのにも効果的です。

*一人でも大勢でも、取り入れ方は自由自在!

さまざまな現場で活用できる160種類以上のアクティビティがあり、全国で指導員が活躍しています!(例:自然体験活動、学校教育、幼稚園、保育園、地域コミュニティ、学生サークル活動)

*さあ、まずはリーダー養成講座へ!

リーダーとなって、シェアリングネイチャーな生き方を実践する人、子どもたちや周囲の人たちに自然を案内する人、それぞれの毎日に活かしてみませんか!

ネイチャーゲームリーダーになるためには、こちらをご覧ください。

Let’s Enjoy NatureGame 自然とふれあうアクティビティーがいっぱい

ネイチャーゲームをすると、人と自然が仲良しになります。

ネイチャーゲームは、1979年に米国のナチュラリスト ジョセフ・コーネル氏により発表された活動です。

みる・きく・触る・かぐなど。

私たちひとり一人が持っている感覚を使って、自然を楽しみ、自然と仲良くなるプログラムです。

ネイチャーゲームの特徴

・自然の美しさやおもしろさを発見できます

・自然や他者への共感や思いやりが生まれます

・自然や環境への理解が深まります。

・いのちを大切にする心が育まれます。

【きれいー】 五感を通した体験により、自然界の色や形、においや手触りに感動したり驚いたり。

【ありがとう】 自然への共感や感謝の気持ちが生まれ。周りの人や自然を大切にするようになります。

【守らなきゃ!】 どうしたら自然をまもっていけるか考え、理解し、行動します。

命を大切にする心が育まれる

 

みてみよう

きいてみよう

ふれてみよう

かいでみよう

つないでみよう

感じてみよう

自然と仲良くなるアクティビティーは160種類以上

 

ネイチャーゲーム・アクティビティー体験記

ネイチャーゲームで、ちいさなヨロコビがたくさんみつかった

”自然への気づき”。それがネイチャーゲームの目的。

いくつかのアクティビティを体験していくうちに、ほどよく力が抜けてきて、自然の中にいる気持ちよさをじわじわ~っと身体で感じることができた。

もしかしたら、シアワセとかヨロコビとかって、こういう自然の中にもっともっとあるかもしれない・・・・・。

大地のおもしろさ <裸足で歩こう> 靴をぬいで歩いてみたら・・・

大地になった気分 <大地の窓> 落ち葉の中にうもれてみたら・・・

生命のささやき <音いくつ> 目を閉じて耳をすましてみた・・・

あるがままの美 <森の美術館> いつもの風景にワクをつけてみた・・・

感覚をとぎすます <フィールドビンゴ> あとひとつでビンゴだ・・・

木も生きてるんだ・・・ <木の鼓動> どの木にしようかな?聞こえた・・・

リスの気持ち <アニマルトレイル> しゃがんでリスの気持ち・・・

森の色あざやか <森の色あわせ> 赤あった、青あった 森はカラフルだなぁ

体験して気づいた、自然の中でシアワセいっぱいの私。

あなたが感じるヨロコビも、きっとみつかるはず・・・

ネイチャーゲームを体験しよう!

ネイチャーゲームは、こどもから大人・年配者まで、どなたにも楽しんでいただける活動です。ネイチャーゲームで自然を感じてみませんか?

*体験イベントは全国各地で参加できます。

全国47都道府県に日本シェアリングネイチャー協会の地域組織があり、市町村単位で活動する「地域ネイチャーゲームの会・シェアリングネイチャーの会」が年間を通じてイベントを行っています。

*公認講師を呼んで体験会や研修会が開催できます。

公認ネイチャーゲーム指導員が、さまざまなご依頼にお答えします。子どもや親子向けの体験会、自治体や企業が主催する研修会など、お気軽にご相談ください。

*リーダー養成講座ではより深い体験が出来ます。

ネイチャーゲームリーダー養成講座では、ネイチャーゲームを深く体験することができます。約3日間の講座を受講し、検定合格後に指導員登録ができます。ネイチャーゲーム指導員として活動したい方、ぜひご参加ください。

ネイチャーゲームに関する情報はwebで、お申し込み、お問い合わせは、

公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会

自然を楽しむグッツをご案内します。

身近な自然を気軽に楽しむグッツを販売!
「ネイチャーゲームクラブ」 で検索

高齢者介護にネイチャーゲームを生かす。

聞く・見る・かぐ・触る・味わう

五感を刺激する ”自然体験” で介護がかわる。

日々の生活の中で「自然」と触れ合う体験は高齢者の五感を刺激して脳を活性化身体能力をアップさせさらに精神面での安定を導く効果があります。

笑顔でいっぱい

身近な自然の移ろいをゲーム感覚で楽しみながら五感を刺激する工夫がつまった「ネイチャーゲーム」をおこなってみませんか。

歩く・てを伸ばす・香りをかぐ・・・無意識にからだを使う ”五感の刺激” で身体と心の老化予防

花や木の実に触れようとてを伸ばす、小さな起伏のある野外を歩くことでバランス感覚や体感が鍛えられる・・・。自然の中での活動は、知らず知らずのうちにからだを使い、身体能力をアップする効果があります。しかし、身近な自然はいつもそばにあるため見過ごしがちなのです。ネイチャーゲームには、身近な自然に目を向ける工夫がいっぱい。自然と日々の暮らしの橋渡しをします。ふとかいだにおいに思い出す記憶・・・。そして自然のなかで懸命に生きる多くの命との出会いがうむ「人もまた自然に生かされている」という思い。それらが自らの ”生” を肯定する気持ちを育み、精神安定へと導きます。

「ネイチャーゲーム」でうまれる ”生きている喜び”。認知症の予防、改善に大きな期待がもたれています。

ネイチャーゲームでさまざまな効果が報告されています。

ネイチャーゲーム導入で期待できる主な効果

・変化のある生活で活気が出ます

・身体機能の回復を促進します

・コミュニケーション能力がアップ

・精神的な安定を導きます

・”生への肯定感” が生まれます

安全と言う名の ”閉じこもり” をしていませんか?

刺激のない生活が認知症を進行させ、身体能力の低下させると言う指摘がされています。リスクを恐れて、つい陥りがちな ”過看護・過介護” 。安全・安心は、リスクマネージメントをしっかりと行えば確保できます。高齢者の残存能力を引き出し、日々の喜びを高める「ネイチャーゲーム」をとりいれてみませんか。

「風が気持ちいいね」「セミの声が聴こえるよ」・・ふえる会話、ふえる笑顔。

ネイチャーゲームは利用者にも介護者にもうれしい新感覚の ”レクリエーション” 。

利用者にうれしい:身近だから、いつでもどこでもできる利用者のための工夫がいっぱい。

身近な自然を題材にした「ネイチャーゲーム」は、同じゲームでも季節毎に、また重ねる毎に新たな発見があり、より深くより広く参加者の心をとらえていきます。単調になりがちな高齢者施設のレクリエーションに新たなバリエーションを加えてみませんか?

介護者にうれしい : 介護者自身の変化で環境が改善。 ”ゆとりの介護” が実現します。

「ネイチャーゲーム」は、介護者にも変化を与えます。ゲームを行うなかで耳にする利用者一人一人の歴史や、長年積み重ねてきた豊かな知識にふれることで、個性を尊重し、尊厳をより大切にした介護がうまれる。さらにね、ネイチャーゲームの手法を学ぶことで、自然な気づきや思いやりの心が生まれ、職員間の人間関係もよくなり、施設全体の雰囲気が変わっていきます。

まずは、あなたの施設で効果を体験してみませんか?

公益法人日本シェアリングネイチャー協会

ネイチャーゲームを実施するための3つの方法

ご自身が運営・勤務する施設でネイチャーゲームを行いたい・・・とお考えの方のためにさまざまな要望にお応えできる<3つの方法>をご用意しました。

①利用者・介護者が一緒にネイチャーゲームを体験したい。

ネイチャーゲームリーダーのご依頼

②ネイチャーゲームの実施方法を知りたいレクリエーションの幅を広げたい

ネイチャーゲームリーダー入門講座

③ネイチャーゲームリーダー(指導員)になって施設で取り組みたい方

ネイチャーゲームリーダー養成講座

幼児教育にネイチャーゲームを活用する。

森に行かなくても、海に行かなくても、ネイチャーゲームなら

ダイナミックな自然体験が園庭でできる。

本物の自然体験は森や海に出かけて行かないと「できない」と思っていませんか。じつは、近くの公園や園庭でも深い自然体験をすることができます。

見て見て、先生!!

ネイチャーゲームは自然体験の少ない先生でも簡単にできるアクティビティーの宝庫。子どもたちと一緒に外に出て今日から自然の冒険なかま。

園庭は大自然! (行動する力/考える力/心動かす感動)

学童期に伸びる”考える・行動力”の基礎は、幼児期の感動体験の質と量が大きく影響します。

ネイチャーゲームで、毎日が感動体験の嵐。

少子化、都市化に加え、幼児期から、さまざまな習い事をする子も多く、最近の子どもたちには「三つの間(仲間・空間・時間)」がないといわれています。家庭での外遊びの時間はこの20年あまりで激減しました。スマートフォンやタブレットを使った気軽にできるゲームの普及は、そのことに拍車をかけています。外遊びを通じて自然に触れ合い五感を使うこと、集団遊びの中で人間関係の基礎をつくること、それらが今、幼稚園や保育園などに求められています。一方、幼児期の自然体験の必要性を理解していても、日々の活動の名かではなかなか十分な体験を提供できない と言う話も良く聞かれます。雄大な自然がなくても、園庭や住宅街の小さな公園などで、深い自然体験はできます。五感を使うことで、身近な場所が大自然に変わり、多様な命を感じる感動体験の宝庫になる。それが「ネイチャーゲーム」です。

「自然体験」「自然教育」を行うと、と、難しく考えなくても大丈夫。「ネイチャーゲーム」は先生が子どもと一緒に自然の中でたくさんの発見をして、ともに学べるようにつくられたプログラムです。

ネイチャーゲームの創始者ジョセフ・コーネルは「自然と接する最初の段階で、ハッと胸を打たれる体験、脳裏に焼きつく体験をすることが大切」といいます。「先生」「子ども」の垣根を取り外し、明日からは子どもたちの冒険仲間に!

ネイチャーゲームは、多様な”生きる力”を育てます。

自然から子どもたちが学ぶこと。それは、生物の知識や自然のしくみだけではありません。とくに幼児期の自然体験では、自然の知識よりも、自然への愛着、観察する力、自然や友達への配慮、意見交換をしながら他者と何かを達成する力など、生きるための基礎力が養われるといわれます。

虫が苦手な新米先生も明日から「自然の先生」

自然体験を!といわれても、先生自身の自然体験がない・・・・というケースもあります。でも、幼児期の子どもに自然体験を行う時にいちばん大切なことは、先生の自然に対する知識や経験量でも、すぐれた体力でもありません。子どもの気持ち・感性・気づきを受け止めること。そして、感動をわかちあう姿勢です。

ネイチャーゲームの特徴のひとつは、「フローラーニング」という手法。<熱意を呼びおこす→感覚をとぎすます→自然を直接体験する→インスピレーションをわかちあう>での構成。自然の知識が少ない方でもすぐに行えるように作られた優秀なプログラムです。

体験を重ねていくにしたがい、子ども自身が自然と付き合い方を自ら学んでいく。先生に求められるのは、しっかりと寄り添うこと。新米先生も、明日からすぐに「自然の先生」。

ネイチャーゲーム指導の5ポイントは ”幼児教育の理念” にもあてはまるともいわれています。

教えるよりわかちあおう/受け身になろう/チャンスを逃さないで/体験第一、解説はあとで/楽しさは学ぶ力

ネイチャーゲームが育む子どもの力

・協力してつくる力

・楽しみながら考える力

・自然を観る力

・自然への愛着

・他社への配慮

まずは、あなたの園で子どもたちと一緒に「ネイチャーゲーム」を体験してみませんか?

幼児教育パンフレット

自然と遊ぼう! | 公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会